可愛らしい女性

九州で若い女性と遊べる中洲ソープ

九州の中でも夜の街として栄えている福岡ですが、風俗の業種もヘルスやピンサロはもちろんマッサージやフェチ系などかなりの数となります。しかし、やはりそうした中でも一番の人気となるのは名物とも言える中洲ソープでしょう。中洲は九州の男性だけでなく、観光客や出張のサラリーマンなど多くの男性を虜にするソープですが、特徴的なのはその年齢層の幅広さでしょう。人妻や熟女系風俗が好きな方には30代や40代の九州美人が在籍していますし、とにかく若いソープ嬢が良いという方にも20代前半の若いソープ嬢が在籍しているソープも数多くあります。
こうした中洲の若いソープ嬢が在籍するソープでは1時間程度なら20,000円から30,000円クラスでも十分遊ぶことが出来ますが、じっくり遊びたい、またマットプレイを楽しむたいという方はもうワンランク上のコースや店をおすすめします。中には一回の利用で60,000円を超えるような最高級店もありますが、最高級店ではソープ嬢のレベルが高いのはもちろん、時間も100分以上でのんびりした設定の店が多いので、九州の若い美女とじっくり楽しみたいならば倍の値段でも決して高すぎるものではないでしょう。ぜひせっかくの九州の夜を中洲ソープで彩って下さい。

オキニの女の子と遊びやすい中洲ソープ

風俗を利用している男性は誰でもオキニの一人や二人いるのではないでしょうか。オキニとは自分の気に入ったソープ嬢のことですが、このようなソープ嬢からサービスを受けたほうが男性の性的満足度も高くなります。そのため風俗を利用する場合、オキニがいる男性はまずその子を指名することになるでしょう。
そしてソープは風俗の中でもよりサービスの質が求められるお店だと言えます。そのためソープを利用してソープ嬢遊びをする場合、よりオキニを指名して遊ぶことが重要になってきます。しかしソープ嬢によっては出勤しなかったり、先客がいたりするなど、なかなか遊べないことも少なくありません。しかし中洲ソープを利用すればこのような問題を解決できます。中洲ソープはオキニのソープ嬢と遊びやすい環境が整っているからです。
なぜ中洲ソープはオキニのソープ嬢と遊びやすいのかというと、在籍しているソープ嬢の出勤日数が多く、出勤時間も長いからです。在籍しているソープ嬢の大半は週に5日から6日くらい出勤します。また出勤時間は朝早い時間から夜遅い時間までフルで入る子が多いです。中洲ソープに在籍しているソープ嬢はお金を稼ぎたいというモチベーションを持った子が多く、できるだけ多くの男性と接客したいと考えているからです。出勤日数が多く、出勤時間が長ければ、先客にまたされることはあってもその日のうちに遊べます。そのためオキニのソープ嬢と遊べないことは基本的にありません。

予約が必要不可欠な中洲ソープ

九州地方の玄関口であり最大都市とされる福岡市の中心に、中洲エリアという、博多ラーメンの屋台が目立つエリアが在ります。このエリアですが、「中洲ソープ街」が在るそうです。
中洲ソープですが、JR新幹線の博多駅西口を出て、外国人が設計した商業施設キャナルシティの近くに中洲の特殊浴場エリアが在ります。このエリアの付近には、国道の「国体通り」が在り、東側に当該店舗が点在しているようです。
中洲エリアですが、目印となる商業施設等は、ローソンとなっているようです。また、このエリアですが、激安店、大衆店、高級店が在ります。激安店ですが、2万円以下で遊べるようになっており、大衆店に関しては2~約3万円程度で遊べるようになっています。
また、高級店に関してですが、4~6万円で遊べるようになっており、120分以上のコースが主流となっています。また、大衆店では「マット及びベットコース」となっており、高級店には、「即尺」という、男性の陰部を洗わずにソープ嬢が口で愛撫してくれるサービスが在るといわれています。
ただ即尺ですが、このサービスを利用する場合、客人は作法を重んじなければなりません。店側が洗っていなくても問題は在りませんとしていても、大抵の客人は事前に陰部を洗ってから店に入るようであり、作法を重んじれば中洲ソープは楽しめるようになっています。


TOP

Copyright © 2016 60代そして70代以上でも利用者がいるのが中洲ソープ All Rights Reserved.